為替・日本株(REIT含む)のトレンド・期間を独自手法で自動判定。夜遅く帰宅後に分析結果をアップします。 飲んで帰って寝てしまったらご愛嬌。
 
ご注意
<免責事項>
◆分析内容・その元となるレートは、その正確性を一切保証いたしません。
◆分析結果の著作権は、サイト所有者に帰属します。
◆このブログの情報に基づいて被ったいかなる損害も一切の責任を負いません。

<方針/状況>
◆分析対象のリクエストは基本的に受けません。
◆アルゴリズムは企業秘密なので問い合わせには答えられません。
◆このアルゴリズムを応用したシステムトレードの開発やバックテストは、多忙なため未実施です。

<仕様>
◆トレンドと期間の判定は、既存テクニカルとは関係のない統計手法を応用
◆為替・株式ともに最大で直近2ヶ月分の日足データを基に計算・分析
◆株式の場合、グラフの一番右は翌日の延長レンジを表す
◆為替の場合、アップ時点での当日値を仮の当日データとして計算し
 グラフの一番右が翌日の延長レンジを表す
◆土曜か日曜に(旅行や休日出勤でなければ)金曜の終値を使って
 為替は再度計算します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう5月も終わり。。。
昨晩はけっこう飲んでしまって
UPできませんでした。
9割方、7/1で転勤(っつーか出向?)なんで、
6月はちょっとバタバタかも。。。
飲みも多くなるな。

では、為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、各通貨の強さです。
9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

ヨロヨロとしていたUSDは、
結局また下げました。
EURはヨコヨコ。
JPYはどこまで円安?!にいくか分かりませんが
オセアニア通貨がまた上げてきているので
このままの勢いが続きそうです。

続いては、海外の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権
⑪バンガード・パシフィック ETF
⑫バンガード・エマージング ETF
⑬Iシェアーズ COMEX ゴールド

3%後半から4%を窺っていた
アメリカ10年もの国債の金利も、さすがに若干、反落しているようですね。
しかし、USD安で、アメリカ国債も金利上昇だと
信任というか、どうなんでしょうねぇ。

最後に日本国内の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③ジャスダック指数
④REIT指数連動投信(NEXT FUNDS)

あら、順調な上げの調子。
ジャスダックは、長期のチャネル上限へ来たので
警戒が必要かもしれませんが。。。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

スポンサーサイト
現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
円安とUSD安は、セットで緩やかに動いており
あまり激しくありません。
そして上へ試していたEURが反落。

そんな為替からUPします。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、各通貨固有の強さです。

9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

特にどうということもなく
続いて海外の株式市場です。

①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権
⑪バンガード・パシフィック ETF
⑫バンガード・エマージング ETF
⑬Iシェアーズ COMEX ゴールド

どの市場も元気なカンジで
伸びてますね。
最後は日本の株式市場です。

①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③ジャスダック指数
④REIT指数連動投信(NEXT FUNDS)

こちらも上げてきました。
特にジャスダックとREITがナカナカに伸びてます。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
昨日が寝不足で眠いので
ささっとUP。

まずは為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き
通貨固有の強さです。
9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

いっときドル高方向へ振れましたが
またドル安に戻ってます。

続いて、海外の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権
⑪バンガード・パシフィック ETF
⑫バンガード・エマージング ETF
⑬Iシェアーズ COMEX ゴールド

あらら、米国債の画像が乱れてしまいました。。。
最後に、日本の株式市場です。

①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③ジャスダック指数
④REIT指数連動投信(NEXT FUNDS)

ジャスダックとREIT指数は上げ、と。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
世の中では、北朝鮮が核実験ですか。。。
さっとUPします。
為替から。

①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、各通貨固有の強さです。
9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

円安で、EURが上へトライ中。
AUDはともかく、NZDが強いです。

続いては、海外の株式市場。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権
⑪バンガード・パシフィック ETF
⑫バンガード・エマージング ETF
⑬Iシェアーズ COMEX ゴールド

米国金利上昇と
金価格の上抜け様相で
なにやらアヤシイ雰囲気が。
さすがに、そのまま金利上昇しっぱなしとは思えないので
どこかでストーンと落ちるんでしょうけど。

最後に日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③ジャスダック指数
④REIT指数連動投信(NEXT FUNDS)

REITはヨコヨコ。
TOPIXはジワっと下落しはじめ、ということで
ジャスダックくらいが元気です。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
昨晩も更新をサボってしまいましたが
金曜NYクローズの分析をUPします。

そういえば、なんとなく海外の株式市場で
対象を増やしてみました。
◇バンガード・パシフィック ETF
◇バンガード・エマージング ETF
◇Iシェアーズ COMEX ゴールド

ETF投資信託です。上から順に
太平洋地域全般のETF、新興国のETF、金のインデックス連動ETF
っていうところでしょうか。

さて、まずは為替から。
10 USD対***

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、各通貨固有の強さです。
9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

これまでの流れとさほど変わらない状況で
つまり、USD安、
EURはヨコヨコから上へ攻めてトレンド転換を図ろうとしているところ。
資源国通貨のオセアニア、CADが上に強い。
(ただし、ここ数日、AUDはNZDほど上へ伸びてないですが)
円はあまり動きなし、と。(金曜は円安に振れました)

続いては、対象の増えた海外株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権
⑪バンガード・パシフィック ETF
⑫バンガード・エマージング ETF
⑬Iシェアーズ COMEX ゴールド

太平洋と新興国のETFは、他の例えば中国とかインドとかと
変わらないですが、面白いのは金ですか。
幅の大きい保ちあいから上へ抜けようとしている??
=リスク回避指向と考えれば円高とかと思うんですが、金曜の動きではそうでもなく
USD回避的な動きも反映されているのかもしれません。

最後に、日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③ジャスダック指数
④REIT指数連動投信(NEXT FUNDS)

うーん。
REITなんて下げへ転じていく様相なのでは?!
と見えますし、そうすると日経平均やらも
アメリカNADAQなんかと同じように、上げは止まって
緩やかに下げていくのかな?!という気もします。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
予告どおり、昨晩はへべれけに飲んで帰り
UPできませんでした。。。

さて、円高というよりもUSD安がすすんていたようで
さっそく為替からUPします。

①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、各通貨固有の強さです。
9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

なんか、EURが長いレンジを抜けて上に向かうかも??!
と思わせる形ですな。

続いては、海外の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

特にコメントすることはないかなぁ。
最後に、日本の株式市場です。

①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③ジャスダック指数
④REIT指数連動投信(NEXT FUNDS)

ジャスダックあたりを見ると
上げていきそうなカンジしますね。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
昨日の海外株式市場での上昇を背景に
円安が再開し始めたかな?!という状況。
円と同様にUSDやEURは相変わらず弱く
AUD、NZDやCADが強い状況となっています。

さて、そんな為替の状況から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

クロス円は全般的に上げてます。
引き続き、各通貨固有の強さです。

9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

冒頭に書いたとおりの状況です。
なんというか、トレンドの息が長いですね。
続いては、海外の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

最後は、日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③ジャスダック指数
④REIT指数連動投信(NEXT FUNDS)

うわ。最後で画像が久々に崩れた。。。
そういえば、明日は飲みです。
なので、明晩はひょっとかするとUPできないかも??!
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
こんばんわ。
なんだかんだで週末はゆっくりしてしまいました。
海外の株式市場は上げ始めたようですね。
さっとUPします。

まずは為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

例によって、引き続き
各通貨固有の強さです。

9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

コメントは省略ということで。
続いて、海外の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

特にインドの上げ方が尋常じゃないですな。
中国も大きく反騰。

最後に日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③ジャスダック指数
④REIT指数連動投信(NEXT FUNDS)

引き続き下げてます。
しかし、明日は海外につられて反騰するのでしょうか。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
昨晩は突然の飲み会で深酒し
ブログUPをサボってしまいました。。。

昨日は円高からいったん反発した形ですが
今日はまた円高が進んだようですね。

では、その為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、各通貨固有の強さです。
9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

円高は
直近20日間のトレンドチャネル及び50日間のトレンドチャネル
の両方が重なる下の緑ラインに下ヒゲがぶつかって
ちょうど反騰したのが昨日の状況。
しかし、今日また下げて(円高になって)
直近6日間の短い下落(円高)トレンドが伸びていこうとする
勢いの強さとぶつかりあっています。

あと、USDやEURは動きが小さいですが
EURやCHFは下げていきそうな形ではあります。
GBPはチャネル内で大きく動くので油断できませんが
いちおうチャネル内でグイッと継続的に上げてます。

NZDはやはり
少なくともチャネルの下限まで下げそうなカンジです。

続いては、海外の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

足踏み気味ではありますが
インドや中国を見てると、また上げてきてるんで
すぐに上げに転じそうな状況のようです。

最後に日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③ジャスダック指数
④REIT指数連動投信(NEXT FUNDS)

状況的には微反発です。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
為替も円高USD安の動きが続き
NY株式市場は下げて始まったようです。

なんか、ニュースを見たところ
昼頃に民主党「次の内閣」の財務相を務める院議員が、
「政権を握ったら、ドル建ての米国債は購入しない」発言と報じられ
ドル不安が煽られたそうな。
あとは、朝方にNZ準備銀行の方で
利下げを意識させる発言なんかがあったようで
NZDも下げてます。

これまでの円安は、オセアニア通貨高とセットだっただけに
オセアニア通貨安は、円高トレンドの再燃を想起させます。

さて、そんな為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、書く通貨固有の強さです。
9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

オセアニア通貨のAUD・NZDも別に
下げトレンドへ転換したというわけではないのすでけど
とりあえず、チャネル下限のラインまでは下げそうですし
そこから下へ伸びていく(トレンド転換)可能性も出てきている、と。

しかし、こうして見ると
USD安はずっと続いていたことで、今日になって急に進んだわけでも
ないようです。
EURやGBPも動きは少ないです。
とにもかくにも、日本円とオセアニア通貨が変化し始めたというだけです。
元々、この組み合わせはスワップ金利差狙いのペア
=他の通貨に比べると、短期的な動きより長期的な一方向のトレンドが出やすい
というところもあり、ホントに転換するのか注目でしょう。

続いては、海外の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

やっぱり各市場とも、調整が始まっているなというカンジで
米国債の金利が一番顕著です。

最後は日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③ジャスダック指数
④REIT指数連動投信(NEXT FUNDS)

調整というより、あまり動きがなく
留まっている感じです。
でも、さすがに海外市況を受けて下げ始めるかもしれません。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
海外の株式市場について
データ取得で不具合が出たりしてます。
なんなんだか。

とりあえず、為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、各通貨固有の強さです。
9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

USDは上げ始めるか?!と思ったら
少し下げて、はっきりしない状態です。
それよりも、資源国通貨で強いと言った
CADがスコーンと落ちそうな気配がしており
個人的には、先程、CAD/JPYをショートしてみました。

続いて海外の株式市場です。
調子悪くて、0時頃に取得したデータでの分析結果をUPします。
NASDAQなんかについて見てみると、その後もズルズルと下げてるようなので
その点に留意してみてください。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

ジワっと緩やかな調整ですが
緩やかなだけに、ひょっとかすると時間がかかるかもしれません。

最後は日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③ジャスダック指数
④REIT指数連動投信(NEXT FUNDS)

各マーケットとも足踏み状態。
海外の市況に引っ張られたのだとすると、下げてるアメリカ市場にあわせて
明日も下げるかもしれません。
とは言え、個別の銘柄では動きは様々なところもある状況です。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
ストレステストの材料出尽くしとか
GMの破産が近づいてるよ~声明とか
理由は色々言われてますが、リスク回避の流れ
=円高、CHF高、海外市場の株安
が訪れてます。

為替はともかくとしても
海外の株式市場は、そろそろ調整でしょう
と書いていたくらいですから
トレンドチャネルの日柄的なものとも言えるでしょう。

さて、まずは為替からUPします。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、各通貨固有の強さです。
9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

ということで、円高にしても
別にトレンドが変わるほどではなく、チャネルの範囲内で
揺れただけの格好です。
USDも動きは鈍く、これから上げようかというところ。

AUDは少し下げたとは言え、弱いというほどではなく
それよりも、円高になってもNZDが上げました。

続いては世界の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

インド市場とか、アメリカでもNASDAQなんかは
いったんの調整が見てとれます。

最後は日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③ジャスダック指数
④REIT指数連動投信(NEXT FUNDS)

日経はもみあい。
JASDAQやJ-REITが上げました。
特にJ-REITの下位銘柄は、またお祭りモードへ突入のカンジ。
さすがに警戒圏でうかつに手を出せないところではありますが。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
いちおう、金曜ニューヨーククローズの
為替だけUP。

前回書いた、トレンドチャネル幅の変化についてですが
少し簡略化したやり方でやれば簡単にできそう。
ただし、それをどう表示するか。
グラフ上部のスペースは、もう空いてないし
何かの表示を削るか。。。

とりあえず、為替の分析UPです。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、各通貨固有の強さです。
9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

円は継続して安定的に安くなってますね。
USDも同様ですが、直近13日間の下落トレンドでは
下の緑ラインに達したので、いったんの調整上げくらいはあるかもしれません。
その場合は、円も円高に引っ張られるかな??!

しかし、2月頃まで
USDは、何だかんだ言っても強く
ファンダメンタルで売ってる人は泣きをみてたように思いますが
3月からは一貫して下がってます。
気付いたら、ドルの凋落はちゃんと始まってた
ということでしょうか。
で、EURも下げ基調であり
ずっと上げてるのはオセアニア通貨・・・というより
資源国通貨ということなんでしょうか。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
トレンドチャネルが表す情報は
(1)トレンドの傾き(つまり勢い)、だけでなく
(2)チャネル幅(本当の意味でのボラティリティ)
(3)そのトレンドの継続日数
であり、特に(2)(3)が重要でトレンドの信頼性を把握するのに
役立つと思っている。
そして、それを使ってエイヤっと計算したのが
分析画像で表示している信頼目安...なワケだが
正直言うと、もっと頼りになる目安があるはずだ。

今までに何度か書いたが、「トレンドの継続性」つまり
過去の状況と比較して状況を判断することが重要で、
特に思っているのは、「チャネル幅の変化」の安定性だ。
特にトレンドが生じたばかりの短い時間では
最初の思惑と異なる方向に動いて、時間とともにやっと安定してくる
という挙動が考えられる。
いったい、いつの時点がトレンドとして信頼おけるようになったのか
...と考えると、それはチャネル幅の変化が終息してきたらと考えられるし
いったん安定したトレンドのチャネル幅がまた大きくなりだしたら
そのトレンドは信頼が置けなくなってきた、ということになるだろう。

ということで、やはり本来はチャネル幅について
時系列で分析をして信頼性を求めるべきでだろう。
結局、ゴールデンウィークをのほほんと過ごしてしまったが
それにつながるようなプログラミング作業は、早いトコなんとかしたいものだ
と考えている。

さて、前置きが長くなったが
とりあえず現在の市場のトレンド状況分析。
まずは為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き通貨固有の強さです。
9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

円安、USD安は続いてます。
EURが若干上がっており、3月末くらいからの下落トレンドに対して
情報ブレイクを窺っている感があります。
GBPは長期の緑ラインまでは落ちる余地がありそうです。
AUDはだいぶ強いです...が長期のチャネルにしてもだいぶ幅が狭くなってきましたので
そろそろトレンド転換の警戒が必要でしょう。
ちなみにNZDは直近の微上げトレンドの上限にきており
反落する可能性もあります。
CADはしっかりとした上げトレンド、CHFはEURと同じように
上へ試しに行きそうな気配を感じます。

続いては、海外の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

アメリカでもNASDAQ総合指数は若干下げており
あとはインドがチョット下げてます。
他は、あまり動きがないというところ。
4月中旬からの上げの傾きは、3月初旬から4月中旬の傾きに比べて急なので
やはり、いったんは調整するんじゃないのかなぁ?!!
というのが正直な感想。

最後に、日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③ジャスダック指数
④REIT指数連動投信(NEXT FUNDS)

ジャスダックも1日遅れて上げ始め、
海外に遅れて上げ始めた印象です。
TOPIXでいうと910くらいは目指しそうな感じがします。
アメリカに引っ張られる面も大きいんで海外の動向次第ではありますが。。。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
久々の日本株式市場は、アメリカの株式市場に引っ張られて上昇。
しかし、本日のアメリカ株式市場は、寄り付きこそ高くついたものの
日本時間で朝方に発表されるストレステスト結果への警戒か
下げてるそうな。
...で、USD/JPYも少し下げてます(上ひげが長くなっています)が
これは、順調にUSDが下げ続けたということで円はまだ弱いままです。
どちらかというと、急変しているのはGBPで、急落しています。


まずは、そんな為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、通か個別の強さです。
9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

GBPが急落。CADも割りと落ちてます。
AUD・NZDどもにぐいっと上げてますが
AUDはそろそろ上のラインに達してきそうであり、いったん利食いのポイントに思えます。
NZDはまだまだに見えます。
行って来いなんかもありえるので、慎重な扱いが重要でしょう。

続いて、海外の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

とりあえず、米国債が下落してて
ついに金利が3.3%近くまでなってきました。
このまま放置できるのかな?!!

最後に日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③ジャスダック指数
④REIT指数連動投信(NEXT FUNDS)

ジャスダックは変わらず。
REITはスイングに見えるからまだいいものの
日経平均やTOPIXはなんとも強引な上げに見えます。。。
まぁ、トレンドが強いという見方をできなくもないですが。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
ゴールデンウィークもついに終了。
海外の株式市場は、じりじりと上げています。

まずは為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、通貨個別の強さです。
9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

あまり変わりありません。
NZDは長期の下ラインに沿って上昇しており
ある意味、AUDと同じように長期トレンドに従順にボラが少なく上げている
という状況。
投機的な動きを排除した、トレンドのようなものかもしれません。
動きが大きくなってくるのは、来週になってからかもしれません。

続いて、海外の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

おっと、UP途中で寝てまった。。。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
あっという間にゴールデンウィークが終わろうとしてますが
やろうと思ってたことの半分も進んでいないのが現実。
まぁ、のんびりいくしかないでしょう。

まずは為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、通貨個別の強さです。
9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

CADなんかはチャネルの上限で撥ね返されたカンジ。
NZDは、直近トレンドというより長期のトレンド(青っぽい色の点線)で反発し
上にスイングし始めた印象。
その一方で、円は迷って動かない状況。
直近20日間の下落トレンドを目安に反落しようとする力とのせめぎあいです。
USDやEURは順調にゆっくり下落しています。
そしてGBPはトレンドどおり上げてきました。

続いては、海外の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

おっと。。。米国債のグラフ画像が乱れてしまいました。。。
とりあえず、アメリカの市場は高く寄り付いて、順調な上げ(いまのところ陰線ですが)
となっています。
その他の市場は、長期の点線とタッチしている水準ですので
恐る恐るというのか、そろそろ反落があってもおかしくありません。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
5月4日は、英国がバンクホリデーのため休日とのことで
海外株式市場の④イギリス:FTSE 100はお休みです。
もちろん日本の株式市場もお休みですが。

全体的に海外株式市場は上げ基調で
調整で少し出遅れてた中国市場なんかが急進してます。
為替のほうも円安の流れで、同時にUSD安。

まずは、そんな為替からUPします。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、通貨独自の強さです。
9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

冒頭のように円安・USD安の他には
CADが上昇中。
あとは、AUDが上昇で、NZDはどちらに行くか微妙なところ。

続いて世界の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

まだまだ元気が良い海外の株式市場
といったところでしょうか。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
温泉旅行から帰ってきました。
たいして渋滞もなく、素晴らしい湯を満喫。

いない間、円安がすすんだようですね。
とりあえず、どんな状況かUPします。
まずは為替から。

①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、通貨単独の強さです。
9 ***対JPY
10 USD対***
11 EUR対***
12 GBP対***
13 AUD対***
14 CHF対***
15 CAD対***
16 NZD対***

なんともコメントしようがありませんが
オセアニアでも、AUDは直近で上げて、NZDは下げてます。
CADは長期のチャネルを上にブレイクし、直近の上昇トレンドは
強いことが確認できました。
EURなんかも、直近のトレンドは既に32日まで成長しており
それに素直に終息しようとしている動きを見ると
直近の下落トレンドは続きそうです。

続いては海外の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

アメリカよりヨーロッパの方が元気がありますが
中国市場はまだ疑心暗鬼でしょうか?!
そして米国債は金利3%を超えてきました。
リスク資産への回帰が始まってきたということかな??!
金利ということで、FRBの方でなんか動きが出たりしないんでしょうか?!

最後に日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③ジャスダック指数
④REIT指数連動投信(NEXT FUNDS)

前回書いたように、これからはシンプルに
4つのみになります。
ジャスダックが急落してますね。。。。
日経平均やTOPIXは、長期トレンドがブレイクされるのを避けるかのように
グイっと上昇しました。
このまま上へ元気よく行けば日経平均9700円まで。
しかし、予断は許さないでしょう。
インフルエンザの影響も分かりませんし。

REITは、REIT指数でなく、連動投信になりました。
持ちこたえるのか、このまま下落トレンドが伸びていくのか
ギリギリのラインです。
以上、Market Dancerでした。

Close↑

現在の市況分析 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。