為替・日本株(REIT含む)のトレンド・期間を独自手法で自動判定。夜遅く帰宅後に分析結果をアップします。 飲んで帰って寝てしまったらご愛嬌。
 
ご注意
<免責事項>
◆分析内容・その元となるレートは、その正確性を一切保証いたしません。
◆分析結果の著作権は、サイト所有者に帰属します。
◆このブログの情報に基づいて被ったいかなる損害も一切の責任を負いません。

<方針/状況>
◆分析対象のリクエストは基本的に受けません。
◆アルゴリズムは企業秘密なので問い合わせには答えられません。
◆このアルゴリズムを応用したシステムトレードの開発やバックテストは、多忙なため未実施です。

<仕様>
◆トレンドと期間の判定は、既存テクニカルとは関係のない統計手法を応用
◆為替・株式ともに最大で直近2ヶ月分の日足データを基に計算・分析
◆株式の場合、グラフの一番右は翌日の延長レンジを表す
◆為替の場合、アップ時点での当日値を仮の当日データとして計算し
 グラフの一番右が翌日の延長レンジを表す
◆土曜か日曜に(旅行や休日出勤でなければ)金曜の終値を使って
 為替は再度計算します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと遅いですが
ジム・ロジャースがGBPはもうダメ!といったら
GBPは上がってるんですね。
けっこう、有名な投資家は為替は外しますね。

あと、ガイトナーさんが中国を為替操作国と...
これでは日銀も介入しづらくなり、さすがに円高に向かうってもんですね。

さて、そんな為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、通貨の強さです。
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

なんといっても、オセアニア通貨の底抜けが続きいてます。
あとは、USDが順調に強く、円もとりあえず強くなってます。
円なんて、1/7頃をピークとする下落トレンドと
いつ判定されてもおかしくないよなぁ。。。

さて、続いては世界の株式市場です。
近々データ取得を見直して、インドや中国も1日遅れでないデータで
分析できるようにしたいと思います。

①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

反発の動きは止まってます。
...おっと、日付が変わってしまいそうなので
手早くUPします。
最後に日本株式市場。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

日経は落ちてます。
ジャスダックがヒドイですが。
以上、Market Dancerでした。
にほんブログ村 為替ブログへ

Close↑

スポンサーサイト
未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
昨日は爆睡。更新をサボっちゃいました。。。
スミマセン。

さて、相場に動きがあってスグだったので
ダマシというのか、いつのまにやら...的なものも。
うまく利益がとれた、と思ったら
逆にもいったり、一進一退。
そんな為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

クロス円はこんなもんでしょ。
引き続き、通貨の強さです。
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

はい。
円は円安の流れが続いてますが
USDが微妙です。60日の中では上の線にタッチして下へ向かいそうですが
直近の28日間では、上昇トレンドと判定されました。。。
また、この28日ってのがけっこう長いんで、信頼できるかもしれんのだけど
順調にトレンドが伸びてきた...気はしないしなぁ。

GBPは目先の天井っぽいカンジがあります。
直近19日の緑ラインにもタッチしてますが、それだけでなく
その前の10日間の延長(点線)でも抑えられそうなカンジ。

一番面白いのは、ここのところ動きの弱かったNZDでしょう。
AUDと違って弱い、と書いてましたが
ついに緑ラインを割り込んで、下へ。。。
更に今後円高が来たら、歴史的な下値へまっしぐらかな?!!

続いて、世界の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

ちょっとハンパな時間の更新で申し訳ないです。
チャートではまだですが、29日は中国株も上昇したみたいですよ。

最後に、日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

JASDAQ以外は上げてますね。
いまいち、どこまで伸びるか、分かりづらいところです。
直近の下落トレンドが伸びていくなら、そろそろ下落ですね。
以上、Market Dancerでした。
にほんブログ村 為替ブログへ

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
相場に変化が始まりました。

この後のチャートを見れば分かりますが
米国債の金利上昇とともに、強かったUSDは下落。
円高が一服し、円安へ。
ここのところ強かったCADは反落し、GBPは上昇しそうです。
また、世界の株式市場も反発、日経平均も反発。
さて、この中でしっかり根付くのは???!

とりあえず、色々とポジっちゃいました。
AUD/JPY ロング
GBP/USD ロング
GBP/CAD ロング...と。
ここのところ寝不足で、夜も会社関係の用事が多忙だったりしてますが
気分転換も兼ねて、とうぶんは頑張っていきたいと思います。

では、為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

円安へ向かい始めたので、弱くなってきたUSDや、弱いトコうろうろしてるNZDを除いて
上昇気味です。
引き続き通貨の強さです。

9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

まぁ、動き的には書いたとおりです。
あとはいつまで続くか。

引き続き、世界の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

この反発が、どの程度のもんか...っていいうのは
微妙ではありますが。。。
米国債はまぁ、ホントに金利上昇トレンドに入ったっぽいですね。

さて、最後は日本株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

昨日のブログで、いったんの反発は2日後くらいか?!
と書きましたが、もう反発しました。。。

おっと。
やることあるのに、眠くなってきた。。。
うーん。仮眠とるか?
以上、Market Dancerでした。
にほんブログ村 為替ブログへ

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
今日は眠いので、サッとUPして寝ます。
ホントはやらなアカンことがあるんだけど...徹夜明けで眠い。。。

さて、為替から。
CADがグングン伸びてます。
さて、どこまで???!
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、通貨の強さです。
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

イマイチ各通貨は微妙な位置ですが
GBPはまだ下げそう。
CADも元気良く伸びそうなんですが、傾きが急なだけに
どのへんで調整があるのか予断を許さないですねぇ。

さて、世界の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

イギリスは少し反発してますが...
アジアはお休みかな?!!
米国債が...上昇を始めてますね。。。

さて。
最後は日本株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

日経平均も落ちてますね。
TOPIXや2部が下の線にタッチするくらいが、いったんの反発ポイントかもしれません。
あと2営業日くらいか???!
JASDAQは先に下げ止まってますから、同じ形になるのかな?!
以上、Market Dancerでした。
にほんブログ村 為替ブログへ

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
色々あって、あんましプライベートで
時間かけてる余裕は無いんですが...それでも
システム構築のアイディア出しを少しでも進めたいなと思って
正月に続いて、USD/JPYチャートのトレンドラインチャートを
時系列で眺めてました。。。
(無事、USD/JPYは1988年から2008年まで終了。
 今後は、EUR/JPYも確認しようかな...と)

さて、そんな中で気づいたことを
時系列のチャートを使って、チョット書いてみます。


記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

チャートを分解すると、
大きなトレンド+チャネル内のゆらぎ+ノイズ
になるかと思います。
...で、大きいトレンドは継続しやすいことを考えると
まず
(1)トレンドに従って(但し、有利な位置で)順張り
(2)チャネル内におさまる可能性が高いため、
  チャネルのゆらぎ(反発)で逆張り
ということが考えられます。

(1)は、順張りといえども
中心ラインより有利な側で仕掛けたほうが良いだろう
ということです。
(2)は、勝率を上げ、ドローダウンからの回復を早くする一方で
まさにトレンドがブレイクするキケンも呼び込みます。

若干、気づいたことは
チャネル幅が狭まっていくと、「ゆらぎ」がノイズと区別つかなくなっていき
ブレイクする可能性があるということです。

そして、まさにトレンドが変わるのであれば
それをとらえるのが、一番利益が大きいことになります。

しかし、得てしてブレイクを狙っても、ダマシにあいます。
今回、分かったのは、
「トレンドが急変してブレイク」
「チャネル幅が拡大する形になり、ブレイク」
のパターンよりも、
「滑らかなトレンド転換」の例が割りとあるということでした。

その滑らかなトレンド転換は、
「トレンドだったものが、20日程度の水平(ヨコヨコ)チャネルになり、そこからブレイク」
「数日程度の短いトレンドが伸びてていき、新たなトレンドに成長する」
という2パターンとして多く見られました。

...とすると、一時点でチャート分析するのではなく
時系列の連続性が重要なんだな、ということです。
今回は、その2パターンを1例づつUPしてみようと思います。

まずは、
(1)水平チャネルが出現しブレイク
USDJPY1997年07月16日

もうこの時点でわかりますが、下落トレンドから
こんどは上昇しようか、というところです。
普通は、こういったところで跳ね返されることも多いのですが
ここでは、6月中旬からの23日間の水平チャネルができています。

USDJPY1997年07月17日
USDJPY1997年07月18日

まだこのへんだと、反発するか分からないですね。
しかし、水平チャネルの日数が伸びており、かなり信頼できる日数になってきています。
USDJPY1997年07月21日
USDJPY1997年07月22日
USDJPY1997年07月23日

ここで、ついに
12日と少し短いですが、上昇トレンドをとらえ
これが伸びていきます。
USDJPY1997年07月24日
USDJPY1997年07月25日
USDJPY1997年07月28日
USDJPY1997年07月29日
USDJPY1997年07月30日
USDJPY1997年07月31日
USDJPY1997年08月01日

長期チャネルの幅が拡大した形になりましたので
この後、いったん調整するものの、123円まで上昇します。

続いて
(2)数日程度の短いトレンドが伸びてていき、新たなトレンドに成長
USDJPY2006年05月22日

大きなチャネルの中で反発し、数日程度の小さい上昇トレンドがあります。
普通なら、無視するほどのものです。
しかしここから成長していきます。
USDJPY2006年05月23日
USDJPY2006年05月24日
USDJPY2006年05月25日
USDJPY2006年05月26日
USDJPY2006年05月29日
USDJPY2006年05月30日
USDJPY2006年05月31日
USDJPY2006年06月01日
USDJPY2006年06月02日

普通なら、このへんで長期チャネルでの反発狙ってショートですね。
でも、「トレンドが(時間的に)順調に伸びている」というときは要注意なワケです。

USDJPY2006年06月05日
USDJPY2006年06月06日
USDJPY2006年06月07日
USDJPY2006年06月08日
USDJPY2006年06月09日
USDJPY2006年06月12日
USDJPY2006年06月13日
USDJPY2006年06月14日

この辺まで来ると、20日ですのでかなり信頼性が出てきます。

USDJPY2006年06月15日
USDJPY2006年06月16日
USDJPY2006年06月19日
USDJPY2006年06月20日
USDJPY2006年06月21日
USDJPY2006年06月22日
USDJPY2006年06月23日
USDJPY2006年06月26日
USDJPY2006年06月27日
USDJPY2006年06月28日

ということで、トレンド転換時期には
逆に長期のチャネルは信頼できず、幅が拡大する一方になる
なんてことが起こりうるワケです。


私の「トレンドを統計的に自動判定する」という分析手法と
こんなトレンド時系列解析ですが、なんとかしてシステム化へ持っていきたいものです。
自分的には、今までにシステムを作ってみて失敗もありましたが
これこそが...と期待してたりします。。。

以上、Market Dancerでした。
にほんブログ村 為替ブログへ


Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
今日は飲んで帰ってきました。
昨日あまり寝てないので、眠かったりするんですが
それでも、なぜか今起きてる。。。

あと、昨日のUPは0時過ぎだったんですが
ブログ村のほうは、なかなか反映されず。
主導でPING反映でした。

日銀のレートチェックなど
ウワサの絶えない為替市場。そんな不安定な円より
強く伸びたCADを抑えておけばヨカッタ。。。
そんな為替からです。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。


②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

全体的な流れは変わらず。
引き続き、通貨の強さです。
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

上昇チャネルの中でグイっと上へタッチしたCADが強かったですが
USDも、上昇トレンドとしてかなり信頼できる形になってきました。
JPYは口先介入だかウワサだかはともかく、まだ円高の流れです。
GBPは下落が継続、オセアニアは横ばい(AUDは若干上げ)です。

続いては、海外株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

インド・中国とも1日古いデータですが
今日はどちらも下げたようです。
世界が縮小してます。
で、米国債がやはり...明らかにブレイクして
ゆるやかながら上昇トレンドへ。
う~ん...何か、恐怖の第2章がやってきそうな。。。

さて、最後に日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

日銀によるCP買取とかの報道影響か
REITのみ元気です。
あとは、危機突入モード。
為替にも共通しますが、1/7頃が天井ですね。
以上、Market Dancerでした。
にほんブログ村 為替ブログへ

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
日銀の為替介入を恐れつつ
円高へ行こうとする動きが再開してますね。

さて、そんな為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、通貨の強さです。

9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

とりあえず円高チャレンジを続けており
他の通貨も、微妙な位置で方向感が無かったりと
なんか、あまりトレードしたくないカンジです。。。

続いて、世界の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

おっと、イギリスの画像が大変なことに。。。
まぁ、ヨーロッパは似たようなもんと考えてください。
若干戻したか?というところですが、まだ分かりませんねぇ。

最後は日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

REITがポンっと反発しました。
しかし、持っているのに限ってあまり動かなかったのが...。
まあ、そんなこともあるということで。
結局、日付が変わってしまいました。
以上、Market Dancerでした。
にほんブログ村 為替ブログへ



Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
おっと。
遅くなって、UPする頃には
日付が変わってしまうかな。。。

124円台なんて、GBPの下落がすごいですねぇ。
そんな為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

ということで、クロス円は
円高へ突き進むのか、いったん反発するか?
という分岐点です。

最近、時系列でチャート分析して思ったのは
一時点のチャートでなく、時系列で見ると分かることがある
ということです。
といって、これを書きながら過去数字分を見るなおすのは
メンドイのでしませんが。。。
そのうち、また書きたいと思います。

引き続き、通貨の強さです。
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

GBPはまだ下げる余地ありそうだし
同じオセアニアでも、AUDとNZDで挙動が違ってますね。
AUDは底打ったかな?!という誘う動き。
NZDはもう下へ突き抜けそうなヨカン。

続いて、世界の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

なんか、ヨーロッパも中国も底抜け~?!!
というカンジでヤバめですね。
米国債も、やっぱり上方ブレイクを狙ってる感が。。。

最後に、日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

日経平均もその他も
やはり、いい所まで下げてきました。
さて、ここから支えが入るのか?!
それとも下に突入するのか???!
以上、Market Dancerでした。
にほんブログ村 為替ブログへ


Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
NZDも経済指標が悪くて、先日のポジションは難儀しましたが
GBPなんかも、銀行の巨額損失ニュースなどで下落を強めており
けっこう動きがありますね。

さて、そんな為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY

下の青点線で反発...どころか
直近14日間の下落トレンドにもっていかれそうな勢いですね。。。

③GBP JPY

もともとチャネル幅が狭いのでブレイクが狙えますが
1/7頃に上抜けが失敗しているんで
こんどは下へ加速ですね。。。

④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

恐怖指数が再上昇を始めたらしいんで
またリスク回避が起き始めてるんですかね。。。

引き続き、通貨の強さです。
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

円高・ポンド安祭りが再開。
AUDは、なんかしっかり上げているんで
個人的には、AUD/JPYロング、EUR/JPYショートをかましてみました。。。

続いては、世界の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

うへ。米国債のグラフが。。。

気を取り直して、日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

うほ。
なんとか、日が変わる前にUP間に合いました。
なんかマーケットは下抜けしそうな不穏な空気ですね。。。
以上、Market Dancerでした。
にほんブログ村 為替ブログへ

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
土日に前のようにチャート解説しようかと思いましたが
まったく時間が無く、またの機会になってしまいました。

では、為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、通貨の強さです。
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

続いて世界の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

で、日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

以上、Market Dancerでした。
にほんブログ村 為替ブログへ

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
今日も、なんだかんだ飲みで帰宅が遅くなりました。
昨日のAUD/JPYロングをいったん利益確定し
でも、なんだかんだで先程
もう一度AUD/JPYロング、更にNZD/USDロング、NZD/CHFロングで
ポジションをとってみました。NZD/CHFはNZD/EURの代わりですが。。。
さてはて。
株式は、昨晩にだしておいたREITの低位銘柄(東京グロース)
成り行き買いが反発して良さげ。こっちもドキドキです。

では、為替チャートの分析から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

上げてきましたが、91円が正念場です。
跳ね返されるか、上へ抜けるか。
ちなみに、後から書く通貨の相対的な強さは
JPYはもう少し円安になりそうなものの、USDが下降に向かいそうで
微妙です。
②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、通貨固有の相対的な強さです。
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

JPYはトレンドチャネル内で上へ反発しましたが
だいぶ反発しましたので、そろそろ調整があるかもしれないのと
上(円安)に狙える幅も残りが小さいんで、あまり美味しくなさそうです。
なので、AUD/JPYはすぐの撤退も視野に入れてます。

USDは反落しそうな局面。
EURはジワっと上げてますが、ラインに沿った動きなので
(積極的にチャネル内を戻して上への突破を狙う動きでないため)
そろそろストーンと落ちてもおかしくないです。
で、AUDとNZDのオセアニア通貨は反発して上を狙いそう。
(特にAUDよりNZDの方が値幅がありそう)

...ということで、NZD/USDとNZD/CHF(EURの代わり)ロング
をしてみたワケです。まぁ、思惑が外れるかもしれませんが。。。

続いては、世界の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

ヨーロッパは、昨日書いたとおり反発。
中国はデータが一日遅れですが、なんか下方ブレイクしてそうなキケン信号ですね。

最後に、日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

日経平均、新興市場(特にジャスダック)、REITは
なんか、いったん底打った感があります。
この後、どんだけ戻すでしょうねぇ。
以上、Market Dancerでした。
にほんブログ村 為替ブログへ

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
なかなかUPする時間が夜中だったり、朝だったり
不定期になってしまってます。。。
仕事...というより、ちょっと3月末まで勉強やら論文やらをしなくてはいけなくて
ひょっとかしたら、更新ペースが鈍るかもしれません。

さて、為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

「ブレイクに失敗したら大きくゆり戻す」の法則で
下に抜ける可能性もありましたが
なかなか頑張ってます。
ググっと上がれば、先日から書いてるように
12月中旬からの上昇トレンドに転換するかもしれません。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、通貨の強さです。
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

そろそろ円安反転モード?!!
AUDなんかも良い仕掛けどころですんで...
さっきAUD/JPYを打診買いしちゃいました。。。

続いて、世界の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

ヨーロッパの株式市場は、そろそろ底か?!!
先日書いた米国債は、上にブレイクせずズルズルと下げてます。
しかし、こういったライン上に沿った動きの場合、暫くしてピョーンと
ラインから離脱する動きがあるように思います。
(ドル円の時系列見てて、そんな例があった)
ま、債権の動きを気にする人はあまりいないかもしれませんが。。。

最後に、日本株式です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

日経平均やREITなど見た感じ
さすがに、いったんの底っぽいですし、世界の株式市場が底打ってれば
同様に動くんじゃないかと思う一方
一気に2番底を狙う動きとすると落ちるナイフかもしれんので
怖いところです。
個人的には、USD/JPYと同時に上昇へ向かっていく可能性が
あるんじゃないかなぁ、と思う今日この頃です。
以上、Market Dancerでした。
にほんブログ村 為替ブログへ

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
今朝のUPは為替だけになってしまいました。。。
為替は動きが激しくなってきました。
日本の株式市場は、大きく下げてましたが、今日は足踏み。

まずは為替からUPします。①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

ありゃ。
さすがに、直近は下落トレンドと判定されました。
でも、下げ渋ってるトコもあるんで
結局、ヨコヨコになる...という可能性が大きいんではないかなあ?!!

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、通貨の相対的な強さです。
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

続いて、世界の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

なんか、クロス円のレート見てるのと
あまり変わらない気がする。。。

最後に、日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

ジャスダックやREIT指数をみると
そろそろ反騰してもよさそうなもんです。
このままスコっと下に抜けていったらコワイですが。。。
以上、Market Dancerでした。
にほんブログ村 為替ブログへ

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
きのうは新年会でした。
時間ないので、為替のみ出勤前にUP.
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

以上、Market Dancerでした。

にほんブログ村 為替ブログへ

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
さて、昼過ぎに時系列チャートによるトレンドラインについてUPし
続けてになります。

時系列分析してると、色々と思いついて
以下の分析も、数日前からの時系列で見るべきだなぁ...と感じている
今日この頃。そのうち、また色々と改良したいと思います。

さて、今日は日本の株式市場はお休みですが
為替と海外の株式市場はやってます。

まずは、為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

90円も割ってきましたか。
12/6にブレイクアウト狙いでロングしてると痛いコトになりますね。

前は赤いラインが90円のあたりだったんですが
チャネル幅が拡大してます。どこで反転するのかな?!
このまま86円近くまで行くと、上昇トレンドラインは消えて
元の長期トレンドのとおり...となるんでしょうが
88円までにはいったん反発して、88~93円のレンジになるなんて気もします。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、通貨の相対的な強さです。
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

GBPは、なんだかんだ強いですけど
このまま継続するんでしょうかねぇ。
EURもこのままストーンと落ちるのか、戻すのか微妙な位置です。
まぁ、USDは上げる余地がありますね。

続いて、世界の株式市場です。
アメリカはまだクローズしてないですが、12日の現在値を使ってます。
インド・中国は9日までのデータによる分析です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

アメリカ10年国債も9日までのデータですが
0金利なのに、ジワっと上がってブレイクしそうなのが怖いです。
最近、ヨーロッパの国々でも国債が売れ残ったそうで
そういうのが影響しているんでしょうか?!!
以上、Market Dancerでした。
にほんブログ村 為替ブログへ

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
えーっと。
まず、急ですが、ブログのタイトルを変更しました。(^ ^;)
やっぱ日本語のタイトルのほうが、いいわねぇってコトで。

今日は日本の株式市場はお休みですが
為替や海外株式はやってます。
こちらは、また夜中にでもUPしようか、と。

連休中にやらねばならぬことに、まったく身が入らず
結局、正月からトレード戦略について、考えています...ので
その紹介をチョッピリしようかと。
トレンドラインの問題のなかには、「トレンドラインの引きなおし」
がありますね。
これは、一般的な高値・安値を結んで作るトレンドラインでなく
私のやってる統計的な自動計算でも、起こりえるんだよなぁ、と。
そんな例をチャートで説明します。
USDJPY1996年11月06日

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

10年以上前のドル円ですね。
...おっと、自分の検証用だったので右下に数字があります。。。
ま、見てのとおり一番右側のレンジですが
普段のUPでは表示しない状態で画像化してUPさせていただいてます。

ちなみに、この検証では
1日前までのデータ、上の画像では11/5までのデータで
ラインを引いてます。11/6のローソクは、計算に入ってません。

さて、説明長くなりましたが
このときは、キレイで力強い円安ドル高トレンド。
それが、この直後に急変します。
USDJPY1996年11月07日

スコーンと、下抜けブレイク。
これだけでのブレイクアウト戦略はキケンだと考えて
3~4日ていど、下の点線いかに継続して留まるか...を
ダマシの攻略として見てみます。
USDJPY1996年11月08日
USDJPY1996年11月11日
USDJPY1996年11月12日

おぉ。これで下向きに抜けたといっていいよな
...と思うもんですが。。。グズグズし始めます。

USDJPY1996年11月13日
USDJPY1996年11月14日
USDJPY1996年11月15日
USDJPY1996年11月18日
USDJPY1996年11月19日
USDJPY1996年11月20日
USDJPY1996年11月21日

ついに、長期の点線がじわじわと降りてきてトレンド内に
おさまったカンジに!!!(まさにトレンドのひき直し!)
そして...

USDJPY1996年11月22日
USDJPY1996年11月25日
USDJPY1996年11月26日
USDJPY1996年11月27日
USDJPY1996年11月28日
USDJPY1996年11月29日
USDJPY1996年12月02日

ということでした。

さて、この対応としては
どうしたらいいか。
考えられるのは、こんなことでしょうか?!!
◆トレンドのブレイクが鈍っていった。
 鈍った段階でショートは手仕舞うべし。
 鈍った部分のトレンドが判定できてるのは、11/26~27の段階ですから
 チョット遅いです。
 それ以前に、何らかの個別判定をするべきなのでしょう。
 (例えば、直近3~4日間程度の傾きをチェックする、など)
 そうすれば、最初の11/7で下の赤ラインで逆指値ショートは正解
 ということになります。
◆トレンドのひき直しでチャネル内に入ってきた段階で
 チャネル内のゆり戻し(この場合、ロング)を仕掛けるのは有効なのではないか。
 結果的にも、最後の12/2でチャネル内で上の点線近くまで伸びてます。

え~、まだドル円だけで1990年から丹念に
自動判定したチャートを時系列で見ていってますが
やっと1/3ってとこです。。。他の通貨も見て、戦略を練りたいし
ますます時間がナイ...。
以上、Market Dancerでした。

にほんブログ村 為替ブログへ

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
アメリカ雇用統計待ちでしょうか。
リスク回避で円高になっているようですが
USD/JPYは動きが無いです。
90円半ばを底値に91円まで戻す動き。

さて、その為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

ぐっと上に戻したカンジは
ホントに上昇トレンドの底値として下の緑ラインが
機能しているかのようです。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、通貨の相対的な強さです。
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

そういえば、CADは昨日の書き込み後
再上昇しちゃいました。。。
直近18日の上昇トレンドになってます。
18日の長さだと、伸びてきて転換しても
まったくおかしくないです。

他に分かりやすいところだと、円高が加速しそうで
GBPは上方にブレイクしたままの勢いを保っています。
EURは微妙なラインで、一気に落ちる可能性もある反面
ライン沿いにしばらく上昇してからスコンと落ちる可能性もありますので
見極めが難しいです。

続いて、世界の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

ヨーロッパは落ち着いた動き。
最後に日本株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

みんな下を目指し始めましたね。。。
今度の日経平均・TOPIXの谷は深いかな??!
買い支えとかあるんでしょうか?!
以上、Market Dancerでした。


にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ


カブク<br />ン株式情報 | ブログマーケット

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
世界の株式市場分析について
①~⑥:アメリカ・ヨーロッパはデータ取得箇所を見直しました。
インド・中国はどうにもなりませんが。。。

さて、では為替から。
昨日ロングしたGBP/CADは、いい具合に上昇し
美味しく頂きました。
まだ伸びても良さそうですが。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

はい。
調整中です。
ブレイクアウトに焦って手を出すのは
高値掴みでキケンという好例ですね。。。
この後のシナリオは次の2つありえます。
◆ブレイクアウトの失敗として、下の点線を目指す
◆一つ前の10日間のトレンドを延長した点線をメドに上へ反発し
 10+4=14日の上昇トレンドが、これから継続して伸びていく(=押し目)

先般も書いているように、12/17~18頃に
下方にオーバーシュートして上げてた流れがあることから
中期でのトレンドライン転換
・・・つまり、先程の2つ目のシナリオのほうが可能性あるのではないか
と個人的には思ってます。
で、その反発のメドが、10日間の上昇トレンドラインの点線ですから
緑の点線なら、そろそろ(91円くらい)。
赤の点線なら90円くらい、を底にして上昇するのではないか
と思うわけです。さてはて。
②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

はい、長々とコメント書いてたら日付変わってしまいそうなので
引き続き各通貨の相対的な強さです。
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

GBPとCADは狙い通りでした。

続いて、世界の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

なんで、同じアメリカでも
ナスダックとS&Pは1/8のデータが無く、ダウ工業平均はデータがあるのか?!!
よく分かりませんが。。。まぁ、一部のみ8日のデータが取得できてます。

最後に日本株式市場。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

日経平均なんかも、想定どおりの動き。。。
新興やREITが先行指標になってました。
それでも、日経平均なんかは、直近の2つの動きが上昇なので
結果的に、2つあわせて5+16=21日の上昇トレンドとして
すぐに継続してくる可能性もあると見たほうが良いかと思います。
以上、Market Dancerでした。


にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ


カブク<br />ン株式情報 | ブログマーケット

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
今日は早めにUPです。

では、為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

昨日書きましたが、やはりいったん調整がありました。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、通貨の相対的な強さです。
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

CAD下げ始め、GBPが上昇転換っぽい
...ということで、個人的にはさきほどGBP/CADロングしてみました。。。南無。

続いて、世界の株式市場です。
ちょっとデータ取得してるところ(海外Yahoo)が、全然データ反映遅いみたいなんで
(アメリカはまだなのでしょうがないけど、アジアやヨーロッパでも...)
対策考えようかとは思いますが、とりあえず1日遅くてもUPします。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40
⑦インド:SENSEX
⑧中国:ハンセン指数
⑨中国:H株指数
⑩10年米国中期債権

なんか、こうやって見ると
トレンド周期というか、各国の株式指数も為替も
大して変わらないですね。
そりゃ、分散投資といっても意味ないわけです。
アメリカ国債だって、GBPの動きそっくり??!!

最後に、日本株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

日経平均とかはブレイクしそうな雰囲気ありますが
JASDAQは急落してますし、REITも直近トレンドの上の緑ラインまできてるので
どうなるか?!!というところで
全体として息切れしてくるかもしれません。
以上、Market Dancerでした。


にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ


カブク<br />ン株式情報 | ブログマーケット


Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
早く帰宅しましたが、なんだかんだと忙しく
あっというまに日付が変わってしまいました。。。

では為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

12月中旬に下方スパイクをつけて反転してますので
まさにトレンド転換の信頼性が高いです。
中期トレンド(青い点線)も新年から上抜けてきました。

今の12日間の短期トレンド(太線)は
伸びていきそうではありますが、この後
傾きの鈍化とか(場合によってはヨコヨコまで)、チャネル幅の拡大、
チャネル内での下のラインへの動きなんかも発生することがありますので、
ロングする場合には焦らず、仕掛けのタイミングに工夫が必要かと思います。

②EUR JPY

ここのところヨコヨコですが
直近の20日間のトレンドを信じれば押し目です。
中期で見た場合、中旬に上ヒゲでラインにタッチしているので
こんどは下を目指すはずですが、落ちていかずに保ちあいになっている。
...ということからも上昇圧力があるような気がします。

③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY

CHF/JPY以外のクロス円は
ブレイクのようですね。

⑧EUR USD

EUR/USDは、短期(11日)の下落トレンド・中期(50日)の上昇トレンド
ともに下のラインに達しました。
普通は上への反転をこの辺から狙いますが
12月中旬に上方へスパイク(オーバーシュート)して反転してますので
下落トレンドへの転換が起きていると考えたほうが良いかと思います。

引き続き、通貨の相対的な強さです。
9 ***対JPY 

12月のヨコヨコから直近の5日間で円安になってますが
5日じゃぁいかにも短いので、信用できません。
傾きも急なので、そのうち落ち着きそうです。

10 USD対*** 
11 EUR対*** 

USDが強いのではなく、EURが弱いんですね。。。
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

CHFはまだ下げそうですね。
続いて、...世界の株式市場は
12/6のデータが無い??!のでお休みです。
データ取得先を変えたほうが良いかなぁ?!!

で、日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

日経平均なんて、サスガに中期(60日)の上ラインに
達しそうですので、そろそろ調整があってもおかしくないです。
以上、Market Dancerでした。


にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ


カブク<br />ン株式情報 | ブログマーケット

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
いきなり新年会で泥酔し
UPが今になりました。。。

出勤前に取り急ぎ片付けます。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY

AUD/JPYの画像が。。。
引き続き、通貨の相対的な強さです。
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

世界の株式市場です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40

続いて、日本の株式市場です。
①日経平均株価
②東証株価指数(TOPIX)
③東証2部指数
④東証マザーズ指数
⑤JQ-INDEX
⑥ヘラクレス指数
⑦東証REIT指数

おぉ、なんとか間に合った。
以上、Market Dancerでした。


にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ


カブク<br />ン株式情報 | ブログマーケット

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
新年早々ですが
正月の時間を利用して、色々とやっていたら
あっという間に時間が過ぎてしまいました。

USD/JPYについて、1990年からのチャートを
時系列で画像化し、ビューワで見ていたところ
見やすいように...ということも含め
若干、仕様を変えました。
必ず中長期(為替は50日、他は60日)を固定して見るようにし
点線でラインもひくことにしました。

さて、2日には海外の株式市場もやっていたようですし
為替も動いているようなので、そんなことを踏まえてUPします。
まずは為替から。
①USD JPY

記事は折りたたみ式ですので
続きは「続きを読む」 ↓ を押してください。

こんなカンジです。
この場合、直近の信用できるトレンドチャネルは
太線になるわけですが、参考の50日のチャネル(青緑の点線)をみると
ちょうどぶつかってきているので
この辺で折り返して下落する可能性にも留意する必要がある
ということになります。
もちろん、この直近の太線も12日と、そこそこの日数なので
このまま大きなトレンドへと伸びてくる可能性もあります。

②EUR JPY
③GBP JPY
④AUD JPY
⑤CHF JPY
⑥CAD JPY
⑦NZD JPY
⑧EUR USD

引き続き、通貨の相対的な強さです。
9 ***対JPY 
10 USD対*** 
11 EUR対*** 
12 GBP対*** 
13 AUD対*** 
14 CHF対*** 
15 CAD対*** 
16 NZD対*** 

続いて、世界の株式市場等です。
①アメリカ:NASDAQ総合
②アメリカ:SP 500
③アメリカ:ダウジョーンズ平均
④イギリス:FTSE 100
⑤ドイツ:フランクフルトDAX
⑥フランス:CAC 40

ということで
以上、Market Dancerでした。


にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ


カブク<br />ン株式情報 | ブログマーケット

Close↑

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。